会社案内COMPANY

社長あいさつ

地域熱供給を通じて環境負荷の低減と
まちづくりに貢献します

札幌都心部のばい煙による深刻な大気汚染の対策として地域熱供給が導入されることになり当社が設立され、札幌冬季オリンピック開催の前年1971年より熱供給を開始しました。半世紀にわたり地域と共に歩むエネルギー企業として事業を展開しております。

地域熱供給の目的は、設立当初の大気汚染解消から省エネルギーの推進、再生可能エネルギーの普及拡大による低炭素化の推進へと拡がってきました。また、最近では災害時における電気や熱の供給を通じて災害に強いまちづくりの一端を担うことを求められております。

当社の中央エネルギーセンターでは、木質バイオマスなどの再生可能エネルギーや北ガス札幌発電所から排出される排熱を積極的に活用しております。また、天然ガスコージェネレーションを活用した自立分散型のエネルギーセンターを複数展開しており、省エネルギー化と低炭素化に加え、災害に強いまちづくりに貢献しております。

札幌の都心部では、2030年度末の北海道新幹線の延伸に合わせて、ビルの建替えや再開発物件が数多く計画されております。札幌市が環境エネルギー施策として取組む「都心エネルギープラン」の実現に向けて、当社も効果的に地域熱供給の普及拡大を目指してゆきます。

北ガスグループ企業の一員として、お客さまから信頼され選択され続ける企業を目指してまいります。引き続き、みなさま方のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

株式会社北海道熱供給公社
代表取締役社長近藤 清隆

会社概要

会社商号 株式会社北海道熱供給公社
本社所在地 〒060-0907
札幌市東区北7条東2丁目1番1号 
北ガスグループ本社ビル3階
TEL:011-741-1311
設立 1968年(昭和43年)12月23日
資本金 3,025,250,000円
株主 北海道ガス株式会社・札幌市・北海道
代表取締役社長 近藤 清隆
主要事業
  • 冷温水及び蒸気による熱供給事業
  • 冷温水、蒸気の受入使用施設の調査、設計、販売、施工、運転、保守及び管理に関する事業
  • 電気事業法に定める電気工作物の発電による電力の供給、販売及び管理
    並びに関連機器の保守及び管理に関する事業
  • 電気、冷暖房及び給排水衛生設備の保守管理並びに運転業務
従業員数 82名(2021年3月1日現在)
取締役および監査役
代表取締役社長 近藤 清隆
取締役 新谷 一之
取締役 波戸 靖幸
取締役 吉岡 亨
取締役 末長 守人
取締役 井澤 文俊
取締役 金沢 明法
監査役 堤 信之
執行役員
社長執行役員 近藤 清隆
常務執行役員 新谷 一之
執行役員 波戸 靖幸
執行役員 中田 貞志