会社沿革history

1968年(昭和43年)12月 株式会社北海道熱供給公社設立
1971年(昭和46年)10月 札幌都心地区熱供給開始(高温水)
1972年(昭和47年)12月 熱供給事業法施行
光星地区仮設プラントから熱供給開始(高温水)
1974年(昭和49年)12月 光星地区本プラントから熱供給開始(高温水)
1991年(平成3年)8月 中央エネルギーセンター RDF(ごみ固形化燃料)本格導入
1995年(平成7年)6月 市立札幌病院空調・電気等の設備管理業務受託
1999年(平成11年)6月 中央エネルギーセンター 3号灯油ボイラ天然ガス化
2001年(平成13年)10月 札幌駅南口エネルギー供給株式会社と合併
2002年(平成14年)8月 中央エネルギーセンター RDF利用廃止
2003年(平成15年)2月 札幌駅南口エネルギーセンター供給開始(電力、冷水、蒸気、融雪温水)
CGS排熱活用型熱供給開始
2004年(平成16年)10月 札幌市都心地区と札幌駅南口地区を統合
          11月 道庁南エネルギーセンター供給開始(電力、冷水、蒸気、温水、融雪温水)
北海道内初となる高圧受電における「逆潮流あり」の系統連系
2005年(平成17年)3月 市立札幌病院空調・電気等の設備管理業務受託終了
2007年(平成19年)7月 道特サブプラント供給開始(冷水)
2008年(平成20年)3月 北1条地下駐車場の地下空間を利用した冷水幹線敷設
2009年(平成21年)3月 札幌駅前通地下歩行空間併設熱導管ピット建設に合わせて冷水幹線敷設
中央エネルギーセンター 石炭利用廃止
          4月 中央エネルギーセンター 4号灯油ボイラ天然ガス化・木質バイオマス燃料本格導入
2013年(平成25年)1月 建設業事業の開始
2014年(平成26年)8月 赤れんが前エネルギーセンター供給開始(電力、冷水、蒸気、温水、融雪温水)
2015年(平成27年)3月 赤れんが前エネルギーセンターと道庁南エネルギーセンターの冷水連携開始
2016年(平成28年)4月 熱供給事業法改正施行
「札幌市都心地区」から「札幌市都心地域」へエリア名称変更
         12月 赤れんが前エネルギーセンター無駐化運転開始(道庁南エネルギーセンターから遠隔監視)
2018年(平成30年)4月 創世エネルギーセンター供給開始(電力、冷水、蒸気、温水、融雪温水)
国土交通省災害時事業継続地区
          7月 中央エネルギーセンター 6号灯油ボイラ天然ガス化
2019年(平成31年)4月 北ガス46エネルギーセンター運転監視・点検保守業務受託
          6月 北ガスグループ新社屋竣工に伴い本社移転
          7月 中央エネルギーセンター 新煙突竣工
北ガス札幌発電所排熱受入開始
北ガス札幌発電所運転監視・点検保守業務受託
2020年(令和2年)3月 中央エネルギーセンター 旧煙突解体
         4月 創世エネルギーセンター無駐化運転開始(札幌駅南口エネルギーセンターから遠隔監視)

受賞歴

2003年 札幌駅南口エネルギーセンター
一般財団法人新エネルギー財団 平成15年度第8回 新エネ大賞 資源エネルギー庁長官賞受賞
2005年 中央エネルギーセンター
財団法人省エネルギーセンター 平成17年度省エネルギー実施優秀事例 会長賞受賞
2006年 道庁南エネルギーセンター
平成17年度北海道省エネルギー・新エネルギー促進大賞 省エネルギー部門 省エネルギー大賞受賞
2007年 道庁南エネルギーセンター
第5回 日本コージェネレーションセンター 省エネルギー奨励賞受賞
2014年 中央エネルギーセンター
第13回グリーン物流パートナーシップ会議 特別賞受賞
2016年 赤れんが前エネルギーセンター
一般財団法人 コージェネレーション・エネルギー高度利用センター コージェネ大賞2015 民生用部門 優秀賞受賞
2020年 創世エネルギーセンター
一般財団法人 コージェネレーション・エネルギー高度利用センター コージェネ大賞2019 民生用部門 優秀賞受賞