環境に優しいビル!環境負荷の少ない札幌の街づくりに参加しています
道庁南エネルギーセンター
〈アーバンネット札幌ビル〉

平成17年度
北海道省エネルギー新エネルギー
促進大賞の省エネルギー大賞

NTT東日本北海道支社の建替工事がNTT都市開発株式会社により進められ、「アーバンネット札幌ビル」として平成16年11月1日に竣工しました。
当社は、その地下1階に天然ガスコージェネレーションを活用した都心地区第3のプラントとして「道庁南エネルギーセンター」を設置し、ビル開業と同時に冷温熱、電力の供給を開始いたしました。

「道庁南エネルギーセンター」は、床面積約1,700㎡の広さを持ち、発電効率の高い希薄燃焼ミラーサイクルガスエンジン、蒸気ボイラ、吸収冷凍機、ターボ冷凍機を設置し、アーバンネット札幌ビルに電力および冷温熱を供給するとともに、周辺の建物などに冷温熱の供給を行っております。
今後も、周辺建物に対する冷温熱の供給を広げていく予定であり、当社としては札幌駅南口エネルギーセンターに続く新たな拠点プラントとして位置づけております。
更に、コージェネレーション排熱は、既存の高温水ネットワークにも活用できるシステムとなっており、一層のエネルギー有効利用に資するものであります。

コージェネレーション

コージェネレーションとは、一つのエネルギー源から電気、熱など複数のエネルギーを同時につくりだすトータルエネルギーシステムのことで、道庁南エネルギーセンターにおける地域熱供給システムは、「天然ガス」を活用したコージェネレーションにより、「電気」「蒸気」「温水」「融雪温水」「冷水」を生産供給しています。



システムフロー 

システムフロー


 --- エネルギーの供給形態 ---
電気 冷水 蒸気 温水 融雪温水
 アーバンネット札幌ビル
 札幌ガーデンパレス
 斗南病院
 日本銀行
 北洋大通センター



システムの特徴

環境にやさしい天然ガスを使用
道内初となる高圧受電における『逆潮流あり』の系統連系を実施
発電効率の高い希薄燃焼ミラーサイクルガスエンジンの採用
コージェネレーション排熱の既存高温水ネットワークへの活用
冷水ポンプの集合化とインバーターの活用による省エネ・省スペース化を実現
冬期間、自然エネルギー(低温外気)を利用して冷水製造を行う『フリークーリングシステム』を導入予定



株式会社 北海道熱供給公社 道庁南エネルギーセンター
所在地:
〒060-0001   札幌市中央区北1条西6丁目1番地2
  アーバンネット札幌ビルB1階
TEL: 011-233-0001
FAX: 011-233-0002


Copyright(C).  Hoku Netsu Corpration All Rights Reserved 2006