会社案内取り組み > HES STEP1 認証取得

HES STEP1 認証取得
当社は、平成18年6月13日付にて、HES(北海道環境マネジメントシステムスタンダード)STEP1を認証取得いたしました。
登録範囲は、本社及び中央エネルギーセンターにおける冷温水及び蒸気による熱供給に係る全ての事業活動であり、環境に関する基本方針は下記のとおりであります。
当社は、この環境に関する基本方針に基づき環境改善活動を継続・改善して参ります。

HESとは、ISO14001を手本とした中小企業向けの環境管理システムの名称で、より分かり易く、より安価で、より取り組みやすくしたもので、環境保全活動の取り組みと経営の安定を支援するためにつくられたものです。

環境に関する基本方針

<基本理念>
株式会社北海道熱供給公社は、自然と共存する「21世紀北国さっぽろ」の快適な都市環境と豊かな自然環境の創造のために、事業運営と地球環境の保全を両立し、全組織を挙げて環境改善活動に取組みます。

<方針>
株式会社北海道熱供給公社の事業活動である高温水の製造、供給、販売及びそれに関するサービスの提供により発生する環境影響を低減し、持続可能な社会の実現と地域社会へ貢献するため、次の方針に基づき、環境改善活動を推進します。

1. エネルギー事業者の使命として、事業活動が環境に与える影響を把握し、環境への負荷の低減に努め、省エネルギーと環境に配慮した事業を推進します。
2. 環境に関連する法律、規則などの遵守のみならず、自主的な環境保全行動を実施します。
3. 環境保全に関する意識向上を図るため、従業員に環境意識向上のために啓蒙活動を実施します。
4. 当社の事業活動が関わる環境に影響を与えることが想定される要因のうち、以下の項目を環境管理重点テーマとして取組みます。
(1) 当社の事業活動において使用する燃料、電気、水、事務用紙の削減に努めます。
(2) 一般廃棄物の削減対策として、資源ごみ回収(リサイクル)を推進します。
(3) 中央エネルギーセンターにおいて、エネルギーに関する効率の向上(燃料・電気使用量の削減)に努めます。
(4) 地域における美化清掃活動を通し、地域社会との共生をはかります。

この環境に関する基本方針を達成するために、環境目的・目標を設定し、当社の全従業員をあげて環境改善活動を展開するとともに、定期的に見直しを実施し、継続的な改善を行い、汚染の防止にも努めます。

 また、この環境に関する基本方針は、全従業員が理解し、行動出来るよう周知徹底するとともに、社外にも公表します。

2006年4月1日制定
(2006年5月11日改正)

株式会社北海道熱供給公社

 

Copyright(C).  Hoku Netsu Corpration All Rights Reserved 2006