中   央
エネルギーセンター
札幌駅南口
エネルギーセンター
道庁南
エネルギーセンター
赤れんが前
エネルギーセンタ
光   星
エネルギーセンター

赤れんが前エネルギーセンター 都心地区冷水連携の核となるプラント


赤れんが前エネルギーセンターが設置されている三井札幌JPビルディングは地上20階、地下3階建て、高さ100m、延床面積68,000㎡の商業及びオフィスからなる複合施設となっております。
当エネルギーセンターは地下3階に設置されており、同ビルへ冷熱・温熱・電気の供給を行っているほか、同ビルが接続されている札幌駅前地下歩行空間等へ冷熱を供給しております。

システムフロー 


システムフロー


 --- 供給先及び冷水連携 ---

供給先及び冷水連携


システムの特徴

天然ガスを燃料とした希薄燃焼ミラーサイクルガスエンジンによるコージェネレーションを導入し、廃熱投入型吸収冷凍機や温熱の多段階活用による排熱の有効活用
  寒冷地の気候特性を活かした自然エネルギーを活用するフリークーリングシステムの導入によるプラントの高効率化
既存のエネルギーセンターである「道庁南エネルギーセンター」と冷水連携導管により冷熱の融通を行うことで負荷に応じた運転の実施

これらにより、エネルギーの有効活用が図られ、周辺地区におけるCO2削減に貢献することで、札幌市が掲げる「エネルギー有効都市の実現」に貢献していきます。
また、既存のエネルギーセンターである「道庁南エネルギーセンター」からも遠隔監視による運転管理が可能となっており、将来的には無駐化による効率的な運営を目指しております。


主要設備

 廃熱投入型吸収冷凍機  インバーターターボ冷凍機 
廃熱投入型吸収冷凍機
インバーターターボ冷凍機

 ガスエンジン発電機 

 貫流ボイラ 
ガスエンジン発電機
貫流ボイラ

 冷却塔  

 中央監視装置
  
冷却塔
中央監視装置



株式会社 北海道熱供給公社 赤れんが前エネルギーセンター
所在地: 〒060-0002 札幌市中央区北2条西4丁目1番地
           札幌三井JPビルディング B3F
TEL: 011-251-2601
FAX: 011-251-2602


Copyright(C).  Hoku Netsu Corpration All Rights Reserved 2006